DHCで水素発生カプセルのスーパーエイチツー 30日分(2700円分)が抽選で1万名に当たる。~2/22。

logo

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


DHCで水素発生カプセルのスーパーエイチツー 30日分(2700円分)が抽選で1万名に当たる。~2/22。

公開日: :   抽選で当たる


DHCで水素発生カプセルのスーパーエイチツー 30日分(2700円分)が抽選で1万名に当たる。~2/22。

水素水ビジネスなんて、伊藤園の自白を前後にして終わったのかと思っていましたが、
DHCではまだ続いているようです。

今なら年齢をあきらめたくないあなたに、美容に、健康に、持続性水素発生カプセルである、
スーパーエイチツー 30日分2700円分が抽選で1万名に当たります。

なお、DHC的には水素は、美容・健康によいことでおなじみのビタミンCの約624倍に
相当するパワー(なにそれ)をもっているといわれているらしく、
また、酸化還元電位-650mVの水素を、5時間継続的に発生させることが出来るそうな。

この辺を真面目に解説したり批判しても、もう何も出てきませんので辞めますが、
そんなに水素がほしければ、電気分解したら誰でも簡単に手に入りますし、
アルミ箔をちょびっと飲み込むと、胃液と反応して水素が発生するような気もしますが、
まぁ概ね健康を損ねるので、辞めておきましょう。

なお、参考までに産経ニュースへの記事をリンクします。

【水素水】日本医科大の太田成男教授の主張には明らかな誤認がある
公益財団法人食の安全・安心財団理事長・唐木英明(東大名誉教授)(1/3ページ) – 産経ニュース

DHCのページにもありますが、ネイチャー・メディシンに論文が掲載されたのは、
日本医科大の太田成男教授の論文です。

産経ニュースによると、水素水による臨床試験は現在も継続中であり、病人に対する治療として、
有益な効果を示す例も出てきているそうな。
しかし、それは病人に対する治療であって、健康な成人の美容や健康を促進するものではなく、
あたかも水素水を飲むことで健康な成人の美容や健康を促進するような風潮を標榜するのは、
国による「食薬区分」の規制に反する、犯罪行為である、と産経ニュースは断罪しています。

産経ニュースは加えて、下記のことを主張しています。

それでは、水素水が健康食品としての効能を示すことを示した「健康な成人での臨床試験」はあるのだろうか? 現在のところ、予備的な研究はあるものの、健康食品としての効能を示すような確実な研究結果はない。だから、トクホあるいは機能性表示食品としての水素水は存在しない。

「健康増進になるのであれば、臨床試験を経て、トクホや機能性表示食品の認可を得てみろ、
どうせ無理だろうけどな」というところでしょうか。まぁトクホは消費者庁の長官の認可が必要で、
機能性表示食品は届出制ですが、どちらにせよエビデンスベイスドな臨床試験を経る必要があります。

ま、興味ある人はもらっておきましょう。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP