【改悪】漢方スタイルクラブカードの還元率が1.75%⇒1.5%へ。2015年12月~。次の移行先はリクルートカードかな。

logo

最新記事一覧


スポンサーズドリンク
本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


【改悪】漢方スタイルクラブカードの還元率が1.75%⇒1.5%へ。2015年12月~。次の移行先はリクルートカードかな。

公開日: :   クレジットカード


【改悪】漢方スタイルクラブカードの還元率が1.75%⇒1.5%へ。2015年12月~。次の移行先はリクルートカードかな。

還元率1.75%を誇り、JACCSの現金から相殺という実質的な現金還元が非常に使いやすかったため、
管理人も一時期はメインカードだった漢方スタイルクラブカードですが、改悪のお知らせがはがきで届きました。

改悪時期:2015年12月~

通常ポイント:
これまで:2000円=7ポイント=35円分=1.75%
これから:2000円=6ポイント=30円分=1.5%

ボーナスポイント:年間3500ポイント以上ためた場合
これまで:500ポイント=2500円分
これから:350ポイント=1750円分

ユーザーにとっては、何一つメリットのない改悪です。nanacoチャージは還元率0.25%に改悪済みです。
サービス改定のお知らせハガキにも「この度本カードにおけるサービス内容の改定を実施させて頂きたく
ことになりましたので、ご案内申し上げます。今後とも宜しく」としか書かれていません。

うーん、普通は何かユーザーに撒き餌さ(どうでも良い)ことをぶら下げておいて、
本当に変更したい点(還元率の低下)をしれっと執行するのが企業のよくある姿かと。

リボ払い手数料をほんの若干下げました!その代わり還元率を下げます!ぐらいにしておくと、
クレーム電話が有った時に「リボ払いが利用しやすくなりましたよ。還元率下がった?あぁサーセン」ぐらいで
電話をガチャ切り出来るのです。

今回の改悪について、撒き餌さのようなものは運営元の薬日本堂は清々しいぐらいに何も提示していません。
バカなのか、誠実なのか。。

それにしても漢方スタイルクラブカードのTOPページにある
「還元率の歴史を作る。一般的なクレジットカードの3倍以上!還元率 1.75%」は
完全な優良誤認表示であり、早急に改正しないと金融庁から指導がありそうですので、
中の人は早めに修正することをお勧めします。

これが問題となりそうな優良誤認表示。

金融の商売やってて、「ホームページ上の還元率の更新が間に合ってないです」
何て言い訳が通用すると思っているのか。。。想像以上に金融庁レギュレーションは厳しいぞ。。

さて、還元率が1.5%に下がった漢方スタイルクラブカードを使い続けるか、還元率2%、ただしリクルートポイントな
リクルートカードプラスに移行するかはあなた次第。管理人は移行しました。

リクルートポイントはホットペッパービューティーやポンパレで使えますし、Pontaポイントに変換して、
お試し引換券に出来ます。nanacoチャージすると還元率は2%。

管理人のポイント消費先:
ホットペッパービューティーで髪を切る。
ポンパレモールでクリスタルガイザーを買う。
余ったポイントはPontaポイントに変換してお試し乞食。

という訳で、改悪ラッシュに嫌気が差した人は、これを機会にリクルートカードに移行してみましょう。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Comment

  1. あらあら より:

    >想像以上に金融庁レギュレーションは厳しいぞ。。

    相変わらず非論理的な発言まみれだけど今回のは極め付けだね。
    クレジットカードのポイント還元率に金融庁が絡む法的根拠は全くない。
    関わりがあるとしてもポイント残高を会計処理上の引当金に計上するしないというだけの話だ。
    一体何を思ってわざわざ引っ張り出してきたのか?
    君の空想の金融庁レギュレーションとやらの根拠を示してくれるか。

  2. Anonymous より:

    よく見ると小数点じゃないねw

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP