アマゾンで比較的まともな中華YI 4K アクションカメラがタイムセール中。

logo

  • GRADDでセレクトショップが安い。

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


アマゾンで比較的まともな中華YI 4K アクションカメラがタイムセール中。

公開日: :   セール


アマゾンで比較的まともな中華YI 4K アクションカメラがタイムセール中。

GoPro7が欲しいけど、アクションカメラというガシガシ使ってなんぼの世界、
どうしても消耗品扱いのものに5.5万はちょっと高い。
だけど、手ぶれ補正もそこそこ欲しい、となると激安中華製品はちょっとなぁ・・・という悩ましい方向け、
高級中華とも言える、YI製の4Kアクションカメラがセール中です。

高級中華とは:

上記はAmbarella製A9SE75チップ、ソニー製IMX377イメージセンサー搭載で
比較的まともなスペックとなります。

お値段は1.1万円程度。激安中華製と比べると2倍ぐらいのお値段ですが、
その分まともなSoCとイメージセンサー搭載で、ノイズリダクションや動画補正、ブレに強く、
ボケボケではない、ノイジーでもない、ある程度まともな操作性で、そこそこの絵が撮れるとのこと。

※とは言え、比較的まともなだけで、本当に素晴らしいものか?と聞かれると、また別問題。

別に手ぶれ補正いらないんですけど・・・という人は、そのへんの中華アクションカメラで問題ないかと。
とは言っても、5000円程度で買える激安中華4Kアクションカメラは、ゴミのようなSoCが使われており、
たまに「ソニー製センサ搭載」等謳っているものもありますが、SoCの明記があるのはあまりありません。

まともなAmbarella製品や安物のNovatek製品を使っているのはまだマシな方で、
SoCの明記が無いものはやめておきましょう。


SJCAM SJ7 STARもAmbarella A12S75 & 日本製CMOSセンサIMX117配備、とのこと。

という訳で、
金が有り余っている人:GoPro7一択。
中華でいいけどまともなもの:YIなど高級中華
手ぶれ補正もいらないよな人:激安中華

という棲み分けが良いかと思います。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

PAGE TOP