【レビュー】アマゾンでスマートリモコン「ラトックシステム RS-WFIREX3」を買ってみた。管理人が買ったら価格下落で涙目。

logo

  • GRADDでセレクトショップが安い。

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


【レビュー】アマゾンでスマートリモコン「ラトックシステム RS-WFIREX3」を買ってみた。管理人が買ったら価格下落で涙目。

公開日: :   生活ネタ, セール

【レビュー】アマゾンでスマートリモコン「ラトックシステム RS-WFIREX3」を買ってみた。管理人が買ったら価格下落で涙目。

前々から「外出先から自宅のリモコンをONにして、家についた瞬間にヒエヒエの部屋に足を踏み入れる」
という行為をやってみたかったのでポチってみました。

というのも、管理人の家の断熱性能があまりにも低く、また最上階に位置していることから、
晴れの日は直射日光をモロに浴びて、18時頃に帰ってくると室温32度、湿度70度というサウナ状態なので、
この状況を改善したかったのです。

ラトックシステム RS-WFIREX3を買うまでの思考過程:

スマートリモコンには様々な種類がありまして、いろんなアフィリエイターがレビュー記事などを書いていますが、
何が必要となる機能なのか分かりづらいのでまとめてみました。

参考:アマゾン リモコンランキング。
ちなみに、このラトックシステム RS-WFIREX3がNo1になっていますが、これはプライムデーの影響です。
管理人が買った3日前はNo30位ぐらいでした。管理人が買ったときは特に値引きもなかったのに、
管理人が買ったら速攻で値下げかよ・・・まぁいいけど。

では管理人がなぜ30位のこいつを買ったのか。

必要な機能:

・外出先からエアコンアプリがしっかりしていること。

スマートリモコンにはエアコンをON/OFF程度しか出来ない、エアコンのプリセットが殆ど入っていない、
アプリがクソという製品が結構出回っています。

SOCINNO sRemo-Rはアプリ周りが糞、初期不良多すぎとのこと。
ただ、こいつがIFTTT連携が4000円台で出来るという最安値なので、そっちが必要な人はこれでいいかと。

・IFTTT連携が出来ること:

IFTTTとは、あれしたときにこれが出来る、というサービス。
例えば管理人のスマホが、自宅から半径500mに入るとエアコンと照明をONにし、
500mから出るとOFFにするという制御が自動で可能です。

例えばスマートリモコン側のセンサーから室温を取得して、30度を超えたらエアコンをON,
25度を下回ったらエアコンをOFFなどの運用も可能。

管理人は特に必要性を感じなかったのでスルー。

・エアコンのプリセットが入っていること

使用するエアコンやテレビ、ブルーレイレコーダーなどのプリセットが入った機種でないと、
わざわざ学習させないといけません。それが面倒なので、出来る限りプリセットが多い機種が良いかな、と。

ちなみにeRemoteは米国アマゾンで20ドルぐらいで売っているので、なんだかムカついて購入候補から
外しました。内外価格差ありすぎだろ・・・海外版は技適の問題があるそうですが。とは言えねぇ・・・。

・Android/iOSでしっかり制御できること:

アマゾンで一番売れているNature Remoは14040円と、他のメーカーの2倍ぐらいしますが、
GUIやセンサー感度、プリセットデータ、IFTTT連携など一通りの機能を備えています。

ただ、Androidアプリでタイマーがうまく設定出来ないというレビューがあったので、
管理人はスルーすることになりました。
そもそもエアコンを外部から操作するために1.4万円は金かけすぎかな、とも思いましたし。

という訳で、
・そこそこ安価
・IFTTTは別にいらない。
・日本の家電系プリセットがしっかり入っている。
・エアコンアプリがそこそこ充実している。

という点で最後に残ったのがラトックシステム RS-WFIREX3だったわけです。

買ってみた。

はい到着。

わりかしこぶりなパッケージで到着。右の350ml缶はサイズ感を示す参考です。


内容物は本体、USBケーブル、説明書等。


黒くてテカテカした筐体。


裏面にはシリアル番号など。WPS設定も出来るそうな。


側面にmicroUSBポートが有り、常時給電が必要です。
5V/1Aを入力すればモバイルバッテリーでも動きそうですが、モバイルバッテリーで動かす必要性は
あまりないかと。据え置きでOK。


350ml缶の上においてみました。スプレー缶のようですが、気にしないようにしましょう。
このように、ほとんど場所を取らないサイズです。
オシャレとかインテリアとか、そういうのを考慮する気にもならないサイズです。

なお、赤外線は20mほど届くようなので、部屋の中であれば特に設置場所を気にしなくてもいいかと。

しっかりした日本語マニュアル:

この手の商品にありがちな片言の日本語マニュアルではなく、ネイティブによって書かれた日本語マニュアルです。
販売元のラトックシステムは大阪に本社を置く会社です。サポートセンターも大阪にあるので、
一応安心。設計/製造元はどこか分かりませんけどね。


なお、ACアダプタは含まれていませんので、1A出力のACアダプタが別途必要です。

使ってみた:


適当にポチポチとスマホで家電製品をカテゴリから選び、メーカーを選び、型番を選び、
プリセットデータを取得します。

プリセット一覧:RS-WFIREX3プリセットリモコン一覧[RATOC]

なお、同じメーカーであれば、ドンピシャの型番がなくても、なんとなく似たような型番や
なんとなく似たような機能を持つものを選ぶと動作するので、あまり神経質にならなくてもOK。

これがアメリカ製や中華製ですと、日本の家電のプリセットがほとんどなく、
リモコンのボタンを1個1個、スマートリモコンの受信部に向けて送信して学習させる必要があります。
そんなめんどくさいことやってられっか!という人はラトックシステム RS-WFIREX3がオススメ。

さて、適当に設定したら、エアコンを選んでみましょう。

こんな感じのエアコンのGUIで、温度とモード切替が可能です。
必要ならば、風向きや風速などを個別に覚え込ませるのもOK。

管理人の目的は外出先からエアコンを付けることなので、そこまでしなくてもいいかな、と。

ラトックシステム RS-WFIREX3で出来ないこと:

・センサーデータの時系列取得:
センサーとして温度計、湿度計、照度センサーがありますが、これを時系列に取得して
CSVで吐き出すことは出来ません。グラフ化も出来ません。
あくまでも「今」がわかります。

よって、エアコンをONにして「本当にエアコン付いているのか?」と心配になったときは、
温度センサーを更新してみましょう。温度が変化していたら、エアコンが付いている証拠です。

・センサーデータと連動した家電のON/OFF
例えばスマートリモコン側のセンサーから室温を取得して、30度を超えたらエアコンをON,
25度を下回ったらエアコンをOFFなどの運用は出来ません。
よって、ペットを飼っている人や寝たきり老人が家庭にいる人は、
もうちょい高価なNature Remo(iOS限定)を買いましょう。
追記:どうやら指定した温度以上(以下)になるとスマホにプッシュ通知は出来るそうな。
後は手動でトリガーを引けば、ON/OFFは出来るかと。

・IFTTT連携:
最初からわかっていましたが、動作対象外です。

・紙マニュアルは簡易版で、Webマニュアルは必読。

AmazonEcho/GoogleHomeと連携可能:

管理人はGoogleHomeとのみ連携しましたが、どちらのスマートスピーカーとも連携可能です。
連携はGoogleHomeアプリを利用して行いますが、GoogleHomeとラトックシステム側のサーバーサイドで
APIが公開されているのでしょうか、どちらにせよユーザーの目に見えないところで連携が行われます。
※ユーザIDとPASSでログイン後、アクセスの許可などが初回時のみ求められます。

この設定を行うと、「OK,Google、エアコンを付けて」というのを音声でコントロール可能です。
ですが、これは家の外で行うと恥ずかしいですし、家の中だとリモコンがあるので使いません。

家族ぐらしで複数の部屋があり、誰かを朝起こしたい人は、このスマートリモコンを各部屋に設置して、
「**の部屋の電気をつけて」と遠隔で照明をつけて起こしてあげるのもありかと。

という訳で、管理人の所定の目標である「外出先からエアコンを付ける」は無事に達成することが出来ました。
いま設定中なのは、エアコンの動作温度を比較的高め、そして動作音静かなプリセットを設定して、
これを「寝るエアコン」などと名付け、夜に暑くて目が冷めてしまったときに「OK,Google、寝るエアコンをONにして」
という事で予め設定した寝るエアコンモードが動作するというもの。

GoogleHomeがちょいちょい言うことを聞かないことがありますが、頑張って設定してみます。

なお、マクロモードとして、複数の家電を操作するモードもあります。
例えば、「エアコンをON、照明を明るく、テレビをONにし、今日の番組表を表示する」など
家に帰ったら行う一連の流れを設定しておき、家に付く前にこれを自動で済ませるという、
寂しがり屋の人にもオススメのモードです。

興味ある人はポチってみましょう。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

PAGE TOP