【500本限定】ベクターで総合セキュリティソフトのWEBROOTが500円。メモリ使用3.2MB、インストール5秒、必要ストレージ3.5MBって何物だよ。~9/11。

logo

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


【500本限定】ベクターで総合セキュリティソフトのWEBROOTが500円。メモリ使用3.2MB、インストール5秒、必要ストレージ3.5MBって何物だよ。~9/11。

公開日: :   セール


【500本限定】ベクターで総合セキュリティソフトのWEBROOTが500円。メモリ使用3.2MB、インストール5秒、必要ストレージ3.5MBって何物だよ。~9/11。

軽い、早い、検知率も最強という米国産セキュリティソフトのウェブルートですが、
Vectorで500本限定500円で販売中です。
ウェブルート セキュアエニウェア アンチウイルス 1年1台が対象です。
ゲーマー版はアマゾンで1600円、2年版は7077円です。

コスパだけ考えれば圧倒的。そう、コスパだけならばね。。。

特徴:
・アメリカ・PassMark社による各メーカーアンチウイルス製品におけるベンチマークテスト
17項目の総合スコアがNo1。カスペルスキー、シマンテック、トレンドマイクロ、ESET、
マカフィーを押しのけて圧勝。
でもこのテスト項目が、如何に軽いかをテストしているだけ。
検出率とかその辺の項目なし。アンチウイルスソフトとして重要な項目をテストしていない。
眉唾もの。

・WebrootAntiVirusはメモリ使用量3.2MB。カスペルスキーでさえ59MB。
その他ベンダーは60-200MB。
むしろWebroot、何もしてないんじゃ?

・WebrootAntiVirusはインストール時間5秒。
シマンテックで72秒、カスペルスキーで146秒。
むしろWebroot、何もインストールしてないんじゃ?

・WebrootAntiVirusに必要なストレージはわずか3.5MB
マカフィーで250MB
むしろWebroot、何もないんじゃ?

と、いろいろと疑問が湧いてきますが、
重いアンチウィルスさらば!フルクラウドのWEBROOTが注目されている (1/2):
EnterpriseZine(エンタープライズジン)
によると、フルクラウド型のため、ここまで本体を軽く、
かつ定義ファイルをアップデート不要にし、高い検出率を叩き出せることが出来るそうな。

まぁエンタープライズジンの記事自体が「PR EZ Press」とあるため、広告なので、
ある程度話半分に聞いておかないといけないですけどね。

なお、検出の方法としては、PC上で実行するファイルのハッシュ値をウェブルートサーバーに送信し、
ブラックリスト(=ウイルス)としてデータベースに登録されていればアウト。警告を発します。
また、グレーなファイルについても、24時間ほど活動を監視し、異常があればサーバーに送信、
全世界に警告を発するそうな。

という訳でどのぐらいバックボーンとなるインターネット帯域を消費するのかは分かりませんが、
実行機能としてハッシュ値計算とアプリ動作トラッキングぐらいしか持ってないのでは。
だからここまで軽いのかも。

果たしてそれが従来のウイルス定義ファイルとパターンマッチングを行うアンチウイルスソフト、
マカフィーやらカスペルスキーやらシマンテックやらESETやらと互角に戦えるのかは不明。

なお、オーストリアの独立系テスト機関AV-Comparativesが公開している、
アンチウイルスソフトのベンチマークに、Webrootの名前はありません。
AV-Comparatives – Independent Tests of Anti-Virus Software – Real World
Protection Test Overview

このサイトは、一応「独立系」ということで、管理人もたまーにセキュリティソフトの導入の際に
参考にしています。検出率やパフォーマンステスト、誤検知率などを一覧比較できるのが
かなり便利。

という訳で、全面的に広告の言い分を信用するわけにはいかない、アンチウイルスソフトのいい例ですね。
そもそもセキュリティベンダーがrootなんていう言葉を好んで使うのはどうかと。
こいつは胡散くせえ臭いがプンプンするぜ!という人は、ESETでも買いましょう。
管理人もESETを愛用中です。

関連記事:AmazonでESETファミリーセキュリティ5台3年版が今シーズン最安値クラス。1台3年版は2980円。

ただ、Windows標準のWindows Defenderは、AV-Comparativesが「カス」扱いしていますので、
気休めとしてウェブルートを購入するのはありかも。


もっとも、AV-Comparativesが各種アンチウイルスソフトを売りたいためにカス扱いしている、
という推測もありますけどね。まぁ同じような評価機関AV-TEST.orgもカス扱いしてますけど。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP