BlackBerry KEY2が79800円から発売へ。4.5インチ/物理キー/SD660/RAM6GB/64GB/デュアルカメラ12MP+13MP。今夏発売へ。

logo

最新記事一覧


スポンサーズドリンク
おすすめ記事


当サイトに記載のテキスト、画像、価格情報、キャンペーン情報、選択及び配列の無断転載・複製を固く禁じます。
Unauthorized duplication is a violation of applicable laws.


本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


BlackBerry KEY2が79800円から発売へ。4.5インチ/物理キー/SD660/RAM6GB/64GB/デュアルカメラ12MP+13MP。今夏発売へ。

公開日: : 最終更新日:2018/06/09   携帯関連・料金プラン技


BlackBerry KEY2が79800円から発売へ。4.5インチ/物理キー/SD660/RAM6GB/64GB/デュアルカメラ12MP+13MP。今夏発売へ。

ハードウェアキーボードと、セキュリティの高さで有名だった(過去形)カナダのブラックベリー社(旧RIM社)は、
バラク・オバマ、アメリカ合衆国大統領御用達携帯電話として愛用され、日本ではドコモから
最後のブラックベリーモデルである、BlackBerry Bold 9900が2012年に「docomo NEXT series(死語)」として
発売されています。

当時のBlackBerryは独自OSであり、カナダのリサーチ・イン・モーション・リミテッド(Research In Motion Limited)、
通称RIM社の暗号化されたサーバーを経由して通信することから、メールやWebトラフィックが追跡されづらいことが
利点として上げられていましたが、それゆえにどうしてもレスポンスが遅くなるのと、
ドコモ側でもSPモードなどの対応が遅れた事、BlackBerry特別料金が異常に高かった(2010年11月17日)こと、
そんなセキュリティとかどうでも良い個人向けには値段が高くて使いづらい、そしてハードウェアキーボードとか
なにそれ美味しいの?という個人ユーザーには全く受けませんでした。

個人向け市場から相手にされないものが法人市場で爆発的ヒット、をする訳もなく、市場からは全く相手にされず、
いつの間にか忘れ去られ、2017/3/31、ドコモにおいてサービス終了となり、日本における歴史は終焉を迎えました。

背景事情として、そもそもiPhoneを手に入れることができないドコモが起死回生の策として用意したのが
プレゲラフォン(PRADA Phone)やBlackBerryであり、iPhone導入目的の当て馬のでした。
そんなひどい状態でしたので、売る側もやる気なく、買う側は認知すらすることなく、
まともなインフラ整備も行われませんでした。
※ドコモが本当に売る気ならば、国内サーバーを建てても良かったはず。

そして、RIM社からブラックベリー社に社名を変更後、ついに2016年9月をもってBlackberry端末の開発・製造から
撤退しております。

それ以降のBlackBerry端末は、BlackBerryブランドを掲げた別物をODMとして売っているだけです。
なお、地球上において何故かインドネシアだけブラックベリーが流行しているそうな。
マーケティングの教科書として面白そうですね。
「世界中から相手にされなかったブラックベリーはなぜインドネシアでのみ生存しているのか」とか。

今回、中国企業のTCL集団がブラックベリーの最新モデルであるBlackBerry KEY2を発表し、
日本でも発売されることとなったのでご紹介。

BlackBerry KEY2とは:


ハードウェアQWERTY物理キーボードを搭載し、キーボードサイズは21.6%ほど拡張され、
より正確なタイピングが可能となったそうな。なお、このキーボードはタッチパネルも兼ねた
「Touch-Enabledキーボード」として実装されており、指紋認証機能も搭載とのこと。


色はシルバー(BBF 100-8、79800円)と、ブラック(BBF 100-9)の2種類です。

auの日本ローカルな周波数であるCDMA2000・バンド18(800MHz)にわざわざ対応して貰っているため、
auSIMも含めて国内初の3大キャリア(au、docomo、SoftBank)SIMの利用が可能になります。


また、スパイウェア、キーロガー、セキュリティーホールとして悪名高い日本語変換ソフトのSimejiを
標準搭載し、ユーザーに手間を取らせずに、中国大陸との円滑な通信をサポートします。
※完全に皮肉です。少しでも不安を感じる人は、アンインストール(出来るか分かりませんが)しましょう。
※Simejiの開発者はあのバイドゥ株式会社。Baiduと言ったほうが分かりやすいでしょうか。
※Yahoo!ツールバー(死語)と同じぐらいスパイウェアとして有名な会社です。


背面には1200万画素と1300万画素のBlackBerry史上初となるデュアルカメラを搭載し、
一眼レフのようなボケ画像の撮影が可能となりました。

自撮り用カメラは800万画素の固定焦点&ワイドアングルレンズを搭載し、
広角レンズで多少顔は歪むものの、撮影が可能です。

スペック:

価格(予定) BlackBerry(R)KEY2 Silver(BBF 100-8):販売価格:79,800円(税込)
ROM64GB
BlackBerry(R)KEY2 Black(BBF 100-9):販売価格:89,800円(税込)
ROM128GB
OS Android(TM)OS Oreo 8.1
CPU Qualcomm(R)Snapdragon(TM)SD660 OCTA-CORE
SIM種類 nano-SIM、Silver(BBF-1008)デュアルSIM
Black(BBF-1009)シングルSIM
サイズ 151.4 x 71.8 x 8.5 mm
重量 160 g
ディスプレイ 1620 x 1080 ピクセル(4.5インチ)
外部メモリ microSD(最大2TB)
内部メモリ Silver(BBF-1008)64GBフラッシュメモリー
Black(BBF-1009)128GB、6GB RAM
Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4GHz、802.11ac 5GHz、802.11a/n 5GHz、Wi-Fi Direct
Bluetooth Bluetooth 5.0 Low Energy(LE)and EDR
NFC 対応
FMラジオ イヤホンジャック利用で受信可能
リアカメラ 1200万画素と1300万画素のデュアルカメラ、オートフォーカス、f2.0、
手ぶれ補正、4Kビデオ撮影対応
フロントカメラ 800万画素、f2.2、手ぶれ補正、ワイドセルフィーモード搭載、フラッシュ撮影
バッテリー Li-Ion 3500mAh
物理キー 電源キー、ボリュームキー、便利キー
周波数 (LTE Band)1/2/4/3/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/32/38/39/40/41
(3G Band)1/2/4/5/6/8/19

シルバーは64GB/デュアルSIM、ブラックは128GB/シングルSIMといういびつな構成です。
普通はブラックの方がブラックベリー(だって黒苺ですし)ですのでブラックを買う人が多いかと。
とはいえブラックはシングルSIMなのが満足できない人もいるかと。

十分にハイスペック端末:

肝心なスペックはSnapdragon 660/RAM6GBなので必要十分。そりゃ8-9万円するしね。

現状ではRAM4GBのMeizu 15がRAM4GBで
ベンチマークソフトの「FutureMark、PCMark for Android Work 2.0」のスコアを6500近く、
No41をはじき出しているので、十分にハイスペックです。
ZenFone 4 ZE554KLもスナドラ660でメモリ4GBですので、それよりはRAM6GBなので少し速いかと。

という訳で、キーボード付きブラックベリー、売りはキーボードのみというすこし哀しい状況ですが、
十分にハイスペックですので、興味ある人はポチッてみましょう。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

ドコモでXperia XZ2 Compact SO-05Kが発売へ。一括7.9万円。5インチ/2160 x 1080/スナドラ845/RAM4GB/ROM64GB/19MP/5MP/2760mAh。6/22~。

記事を読む

docomo with対象のLG L-03Kが発売へ。5.5インチフルHD+/SDM450/RAM4GB/ROM64GB/おサイフケータイ/防水防塵。6/22~。

記事を読む

HuaweiがSIMフリー製品の認定修理店を全国7都市に拡大へ。6/20~。

記事を読む

【改悪】MNP弾として大活躍のイオンモバイルが転出手数料を8000円⇒15000円に大幅増額へ。3ヶ月維持すると1万円で発射可能。純解約は違約金無し。7/1~。

記事を読む

no image

Huaweiのコスパ抜群「Honor10」のグローバルモデルは既に5万円で販売中。P20 Proの半額。5.84インチ/Kirin970/6GB/128GB/16MP+24MP。

記事を読む

楽天モバイルがスーパーホーダイで通話料倍増、料金プラン新設、割引増加へ。3年縛りで25ヶ月目に脱獄するのが一番安いプラン。6/14 20時~。

記事を読む

ASUS JAPANが「ZenFone 5 ZE620KL」を52,800円、「ZenFone 5Z ZS620KL」を69,800円、「ZenFone 5Q ZC600KL」を39800円で発表へ。1ユーロ130円⇒145円で、またおま国価格。

記事を読む

ドコモでHuawei P20 Pro HW-01Kがおサイフケータイ対応へ。国産メーカー終わったな。ライカ製トリプルレンズ/6.1型/Android8.1/Kirin970/6GB/128GB。6月15日~。

記事を読む

Huawei P20(5.8型)が69800円で価格決定へ。Leicaのトリプルカメラを搭載、40MP、ISO102400、DxOMarkで109。M字ハゲ。6/15~。

記事を読む

ワイモバイルとUQモバイルでHUAWEI P20 liteを発売へ。ワイモバイルは価格不明、UQモバイルでは3.1万。6/15~。

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    今じゃBaiduのSimejiがスタンダードとは・・・
    win98~XP辺りの時代じゃ百度の文字を見たら嫌悪感しかなかったが時代も変わるもんだな

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP