ASUSがZenFone 4を7000円値下げして56800円⇒49800円に価格改定。5/11~。

logo

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


ASUSがZenFone 4を7000円値下げして56800円⇒49800円に価格改定。5/11~。

公開日: :   携帯関連・料金プラン技


YahooショッピングでASUSがZenFone 4を7000円値下げして56800円⇒49800円に価格改定。5/11~。

ASUSはZenFone 4 (ZE554KL)の売上が段々減ってきたことに危機感を覚えたのでしょうか、
7000円ほど値下げするプレスリリースを発表しました。

新価格:オープン価格(希望小売価格:49,800円(税別))
旧価格:オープン価格(希望小売価格:56,800円(税別))

という訳で、新価格は税込みで53784円となります。

ただ、発表は数ヶ月遅れ、為替レートは1.2倍程度の割増でさんざんおま国価格を
やらかしてきたASUSですので、7000円値下げぐらいがちょうどいいかも。
関連記事:ASUS JapanがZenFone4の発売日を明らかに。56,800円(定価399ドル、レート142円/ドル)でおま国価格。9/23~。

だってZenFone 4は399ドルで56800円という、1ドル142円換算ですしね。
※2017/9/20発表時、市場では1ドル110円~112円程度。

スペック:
5.5インチフルHD/Snapdragon630/660/RAM4GB・6GB/Android7.0/USB-C

今となってはミドルレンジスマホです。確かにコレに値下げ前の61344円(税込)は無いわなぁ。
ベンチマークソフトの「FutureMark、PCMark for Android Work 2.0」のスコアは、
SD660モデルで6220。

コスパ近似曲線でも、値下げ後は比較的良い感じ。
関連記事:【追記】本当にHuawei製品はコスパが良いのか。「スマホコストパフォーマンスグラフを作ってみる」。その1。

という訳で、興味を持たれた方はTOPリンクのYahoo!ショッピングからポチってみましょう。

アマゾンはこちら。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

価格コムが昼休みにも快適に使える格安SIM回線12回線の通信速度を比較中。ワイモバイルが最速へ。端末激安セットを買って転売して維持費に充てよう。

記事を読む

総務省がキャリアの中古端末でSIMロック解除を義務化へ。来年7月~。

記事を読む

中華メーカーのOPPOがおサイフケータイ搭載の「R15 Pro」と廉価版M字ハゲの「R15 Neo」を国内発表へ。

記事を読む

auで毎月3が付く日は三太郎の日でミスタードーナツのドーナツ216円分、2個相当がもれなく貰える。純正⇒MVNO化で年10万節約可能。

記事を読む

ソフトバンク下取りプログラムで相場が格安の中古ゴミAndroidの白ロム端末を拾ってきて投げつけて割引を得よう。

記事を読む

サムスンがGalaxy Note9を発表へ。Bluetooth対応Sペン搭載。6.4インチ/スナドラ845/RAM6GB・8GB/ROM128GBor512GB/デュアルカメラ。

記事を読む

mineoがソフトバンク回線を利用したSプランを業界最高値で提供予定。半年間基本料無料。auプランでもテザイングが可能へ。

記事を読む

JR東日本が訪日外国人向けプリペイド型SIMカード「Prepaid LTE SIM JR-EAST ver.」リニューアル発売へ。中身はソニー。8/1~。

記事を読む

IIJmioが新規手数料無料、月額300円OFF、1年間3GB増額へ。~7/31。

記事を読む

ドコモ純正とMVNOでHuawei P20 Proの料金・価格比較。10GB超え運用+MNPでドコモ純正回線がコスパが良い。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP