ASUS Zenfone4が発表へ。Proは599ドル、4無印は399ドル、4 Selfie Proは379ドル、4 Selfieは279ドル。日本発売時期未定。

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


ASUS Zenfone4が発表へ。Proは599ドル、4無印は399ドル、4 Selfie Proは379ドル、4 Selfieは279ドル。日本発売時期未定。

公開日: :   携帯関連・料金プラン技


ASUS Zenfone4が発表へ。Proは599ドル、4無印は399ドル、4 Selfie Proは379ドル、4 Selfieは279ドル。日本発売時期未定。

Zenfone3のときは、発売がグローバルより数ヶ月遅れ、更に価格も国内版が大幅に高いという、
まさに「おま国」状態だったわけですが、zenfone2も日本は台湾版の2倍の価格で、
OSの公式アップデートは無し(台湾版はあり)という仕打ちだったそうな。

さて、やたらトリプルレンズカメラが注目されている、ASUS Zenfone4が台湾本国にて発表されました。
新型カメラの発表会かと思うぐらい、カメラの説明が多いですね。
製品画像や写真レビューはググればいくらでも出てくるので、目新しいことだけトピックとして書きます。

写真レビュー・スペックなどは、アスキー記事をどうぞ。
ASCII.jp:技適マーク付きもアリ! 日本上陸が期待されるZenFone 4シリーズ実機レビュー (1/2)

4Gamerも詳しい。
ASUS,スマートフォン新製品「ZenFone 4」を発表。5モデル展開で,いずれもデュアルカメラ標準搭載 – 4Gamer.net

Gigazine記事は冗長で長いです。
ASUSが新スマホ「ZenFone 4」の発表会を開催、ZenFone 4シリーズはカメラ性能を重視 – GIGAZINE

台湾版でZenFone 4 Max Proだけ技適マークを確認:

アスキーが「ZenFone 4 Max Proだけ技適マークが確認できた」と報道しています。
拡大画像【ASCII.jp】

ただし、写真の技術基準適合証明番号「ADF170101003」で
総務省 電波利用ホームページ | 技術基準適合証明等を受けた機器の検索で検索しても、
何も出てこないのは何ででしょうか。謎。

ただ、現時点では確認されていないその他Zenfone 4 台湾版で技適が取得されていれば、
日本でのASUS Japanのボッタクリ価格の数ヶ月遅れを待つこと無く、並行輸入品を買うか、
海外SIMフリー通販サイトから購入することで、問題なく使用できるかと。

米国公式サイトの画像:

日本人には存在すら知られたくないのか、ASUS JapanのサイトにはZenFone4の画像はおろか、
文字による記述もなし。という訳で、米国公式サイトの製品紹介ページへの直リンです。
後々、日本向けにドヤ顔でプレスリリースを出して、おま国価格でぼったくりたいのか、真相は謎。

ZenFone 4 (ZE554KL) | Phone | ASUS Global

ZenFone 4 Pro (ZS551KL) | Phone | ASUS Global

ZenFone 4 Selfie (ZD553KL) | Phone | ASUS Global

ZenFone 4 Selfie Pro (ZD552KL) | Phone | ASUS Global

Zenfone4、Pro、Selfie Proのスペック、価格比較:

機種名 ZenFone 4
Pro
ZenFone 4 ZenFone 4
Selfie Pro
ZenFone 4
Selfie
ZenFone 4
Max Pro
価格 599ドル 399ドル 379ドル 279ドル 不明
Display 5.5型有機EL 5.5型液晶 5.5型有機EL 5.5型IPS液晶 5.5型液晶
画面解像度 1080×1920 1080×1920 1080×1920 720×1280
1080×1920説もあり
720×1280
CPU Snapdragon
835
Snapdragon
630/660
Snapdragon
625
Snapdragon430 Snapdragon425/430
RAM 6GB 4/6GB 3/4GB 4GB 3GB
ROM 128GB 64GB 64GB 64GB 32GB
OS Android 7.1 Android 7.0 Android 7.0 Android 7.0 Android 7.0
バッテリー容量 3600mAh 3300mAh 3000mAh 3000mAh 5000mAh
指紋センサー
端子 USB-C USB-C microUSB microUSB microUSB
SIM DSDS対応
microSDと排他利用
DSDS対応
DualSIM+microSDの3枚の
利用が可能

ZenFone 4 Max Pro(ZC520KLはロシアですでに発売されているZenFone 4 Max(ZC554KL)の強化版とのこと。
混同注意。

さて、みなさんが一番気になるであろうZenFone 4は399ドル。1ドル=110円として、43890円。
日本国内価格は5-6万というところでしょうか。

CPUはスナドラ630搭載で、全世代の625と比較して、CPU性能が10%UP、
GPU性能は30%UPとのこと。

Snapdragon 625 (MSM8953)はHuawei novaやSamsung Galaxy C7にも搭載されている、
ミドルハイのCPU。FutureMarkのWork 2.0 Performanceのスコアは625で5000弱ですので、
630は5000を確実に超えてくるでしょう。結構期待。

肝心なグローバル発売日も分かりませんが、とりあえず期待してワクテカしながら待ちましょう。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

ドコモよりXperia XZ1 Compact SO-02Kが77,760円、月々サポート51,192円、実質26,568円で販売へ。11/17~。

記事を読む

格安MVNOのDMMモバイルで新規事務手数料無料キャンペーン。業界最安値でそこそこ速くバースト通信可能。

記事を読む

アマゾンでNTTコムストア by gooSimsellerのストアのHuaweiやASUS、MotorolaのSIMフリースマホ&MVNO申し込みでアマゾンギフト券が最大5000円分キャッシュバック。~12/31。

記事を読む

DMMモバイルがSNSカウントフリー無料、10分かけ放題開始、新規事務手数料無料、DMMポイント10%還元セールを開催中。~11/30。

記事を読む

ソフトバンクからThe電話がコンセプトの法人向けストレートタイプケータイ「Simply(シンプリー) B」を12月上旬に販売予定。

記事を読む

【固定表示】【今日まで】MVNOのmineoで音声通話SIMが月410円で維持できる「大・大盤振る舞い」キャンペーンを開始。12ヶ月900円引き、音声も違約金なし、アマゾンギフト券も貰える。~11/9。

記事を読む

no image

国内最小・最軽量のカード型SIMフリー電話のNichePhone-Sが発売へ。厚さ6.5mm/38g/3Gのみ。9980円、11/10~。

記事を読む

世界最小?のアンドロイドスマートフォン「Soyes 7S」が国内正式発売へ。Android5.1/2.54インチ液晶/59g/15800円。

記事を読む

LINEモバイルでアマゾンギフト券やnanaco最大2000円分還元&2ヶ月間3GB増量キャンペーン&を開催中。初月無料で初月のみ10GB繰越がお勧め。~12/11。

記事を読む

ドコモのdクーポンで東急ハンズが5%OFF。ポーターなどブランド物も全品5%OFF。~11/30。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP