富士通の泡ハンドソープで洗えるSIMフリースマホの「arrows M04」がエキサイトモバイルやDMMモバイルで取り扱い開始。発売日から時代遅れCPU、Snapdragon 410搭載。

logo

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


富士通の泡ハンドソープで洗えるSIMフリースマホの「arrows M04」がエキサイトモバイルやDMMモバイルで取り扱い開始。発売日から時代遅れCPU、Snapdragon 410搭載。

公開日: :   携帯関連・料金プラン技


富士通の泡ハンドソープで洗えるSIMフリースマホの「arrows M04」がエキサイトモバイルやDMMモバイルで取り扱い開始。発売日から時代遅れCPU、Snapdragon
410搭載。

Snapdragon 410 (MSM8916) 1.2GHzという、2015年時点でローエンドでパワー不足だったCPUを
未だに搭載し、発売日から既に2年前モデルという悲劇のSIMフリースマートフォンですが、
泡ハンドソープでも洗える米国国防総省の調達基準(MIL-STD-810G)の23項目に準拠した
堅牢設計ということで、ビッグローブやDMMモバイル、エキサイトモバイルなどの各種MVNOで販売中です。

外形寸法(H×W×D) 約144mm×71mm×8.0mm
質量 約148g
OS Android? 7.1
CPU Snapdragon 410  クアッドコア 1.2GHz
メモリ ROM16GB/RAM2GB
microSD/microSDHC/microSDXC(最大256GB)
バッテリー容量 2580mAh
連続待受時間 LTE 約640時間
3G 約780時間
連続通話時間 LTE 約530分
3G 約660分
バッテリー充電時間 約150分
ディスプレイ 約5.0インチHD IPS液晶(720×1280)
カメラ アウト(背面) 約1310万画素 CMOS
イン(前面) 約500万画素 CMOS
通信 LTE Band1/3/8/19/26
3G Band1/5/6/8/19
GSM 850MHz、900MHz、1800MHz、1900MHz

arrows M04はarrows Be F-05J(Snapdragon 410、RAM2GB)の焼きまわしであり、
2016年7月28日発売のarrowsM03(Snapdragon 410)と同等品であり、M03は(F-03Hとも同等)、
2015年10月29日発売のarrowsM02(Snapdragon 410)と同等品であり、M02は、
2015年10月7日発売のF-01H(Snapdragon 410、RAM2GB)と同等品です。

おどりゃあ何世代遡らせるねん!とツッコミたくなりますが、要するに時代遅れのもっさりクソスマホです。
今更CPU : Snapdragon 410 MSM8916 1.2GHz クアッドコアはなかろう・・・

M02というゴミを掴まされた恨みはまだ覚えているぞ。
関連記事:僕がSIMフリースマホ「富士通ARROWS M02」を購入2ヶ月で投げ捨てた理由。やっぱりXperiaがNo1。

M02のベンチマークトの「FutureMark、PCMark for Android、Work 2.0 Performance」のスコアは、
2299という、Xperia Z(2238・2013年2月9日発売)とほぼ同等。

2013年のスマホとほぼ同様ってなんやねん・・・

しかもお値段は32800円というHuaweiならばミドルレンジモデルが買える価格帯。
一帯、ターゲットはどこなのだろうか・・・
ちなみにZenfone3、Huawei novaとほぼ同じ価格となります。
この絶望的な対抗馬を前にして、富士通M04が
「泡ハンドソープで洗える&おサイフケータイ対応(震え声)」だけで売れるとは到底思えません。

確かにごく一部の人にとっては泡ハンドソープで洗えるというのはメリットかもしれません。
ラーメンの器に親指を突っ込んで配膳するのが仕事のラーメン屋のおばちゃんにはメリットがあるでしょう。
でもそんなおばちゃんは滅多にいないのです。

確かにこれまでの防水携帯と言えども、泡ハンドソープで洗うことは動作保証外だったのでしょう。
ただ、洗う人はこれまでも洗っていたはず。そして概ね問題なく防水性能を維持したまま動いていたはず。

改めて「これまで泡ハンドソープで洗いたかったけど、界面活性作用の影響で、水の浸透率が上がるので、
我慢していた。これからは気兼ねなく洗える!嬉しい!素敵」と思う人がどれだけいるのでしょうか。

商品の設計方向、消費者ニーズの読み取り方を全力で間違えている商品ですね。

興味ある人は買ってみましょう。管理人は・・・興味がありません。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

HuaweiがSIMフリー製品の認定修理店を全国7都市に拡大へ。6/200~。

記事を読む

ドコモでXperia XZ2 Compact SO-05Kが発売へ。一括7.9万円。5インチ/2160 x 1080/スナドラ845/RAM4GB/ROM64GB/19MP/5MP/2760mAh。6/22~。

記事を読む

【改悪】MNP弾として大活躍のイオンモバイルが転出手数料を8000円⇒15000円に大幅増額へ。3ヶ月維持すると1万円で発射可能。純解約は違約金無し。7/1~。

記事を読む

no image

Huaweiのコスパ抜群「Honor10」のグローバルモデルは既に5万円で販売中。P20 Proの半額。5.84インチ/Kirin970/6GB/128GB/16MP+24MP。

記事を読む

楽天モバイルがスーパーホーダイで通話料倍増、料金プラン新設、割引増加へ。3年縛りで25ヶ月目に脱獄するのが一番安いプラン。6/14 20時~。

記事を読む

ASUS JAPANが「ZenFone 5 ZE620KL」を52,800円、「ZenFone 5Z ZS620KL」を69,800円、「ZenFone 5Q ZC600KL」を39800円で発表へ。1ユーロ130円⇒145円で、またおま国価格。

記事を読む

ドコモでHuawei P20 Pro HW-01Kがおサイフケータイ対応へ。国産メーカー終わったな。ライカ製トリプルレンズ/6.1型/Android8.1/Kirin970/6GB/128GB。6月15日~。

記事を読む

Huawei P20(5.8型)が69800円で価格決定へ。Leicaのトリプルカメラを搭載、40MP、ISO102400、DxOMarkで109。M字ハゲ。6/15~。

記事を読む

ワイモバイルとUQモバイルでHUAWEI P20 liteを発売へ。ワイモバイルは価格不明、UQモバイルでは3.1万。6/15~。

記事を読む

モトローラがmogo g6、g6 play、廉価版e5を発売へ。6/8~。LenovoのZ5は相変わらずのM字ハゲ液晶だけどAndroidP、RAM6GB、64GB、スナドラ636で2.4万円という超コスパ。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP