ドコモが電話代従量課金のシンプルプラン(月額980円)を復活へ。ウルトラシェアパック30を13500円で提供開始。5/24~。

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


ドコモが電話代従量課金のシンプルプラン(月額980円)を復活へ。ウルトラシェアパック30を13500円で提供開始。5/24~。

公開日: :   携帯関連・料金プラン技


ドコモがスマホ用電話代従量課金のシンプルプラン(スマホ)(月額980円)を復活へ。ウルトラシェアパック30を13500円で提供開始。5/24~。

本当は「ドコモがカケホーダイではないタイプXi にねんを200円増しでドヤ顔で復活へ。」というタイトルにしようかと
思いましたが、まぁそこまで挑戦的なタイトルは止めておくとして、ついにドコモがユーザーの声にお答えして、
カケホーダイではないプランの提供を再開するようです。

なお、ドコモは売上高4兆5846億円(前年度比1.3%増)、営業利益は9447億円(前年度比20.7%増)で、
増収増益を果たした絶好調企業です。
時価総額は日本で2位の10.4兆円。ちなみに1位はトヨタの19.7兆円。3位は三菱UFJの10兆円です。

参考:時価総額上位ランキング :ランキング :マーケット :日経電子版

復活するシンプルプランと、ウルトラシェアパック30について:

シンプルプランとは:

月額980円、税込みで1058円にて家族グループ内通話が無料となるプランです。
通話料金は30秒20円という割高な通話料金はタイプXiにねん(2014/8/31廃止済み・743円)と同様です。

なお、まだ契約できるFOMAのバリュープランは、タイプSS バリューとして934円、
そこに無料通話料1000円分(25分相当)がついてくるので、データ通信をしない人や
DSDS端末で1スロットにFOMASIM、2スロットにMVNOSIMをさして運用する人は、
FOMAバリュープラン契約でもいいかも。
関連記事:技適があるとFOMAバリュープラン契約が出来る。

ドコモ側は「あまり通話しない方のための基本料を新たにご用意しました。5/24受付開始」とのことですが、
元々タイプXi にねんとして設定してあったものを、顧客平均単価を上げるために廃止し、
この度ワイモバイルが躍進し、MVNOSIMも増えてきつつあるため、しようが無しに復活させただけです。
なのにこの恩着せがましい広告。どうなんでしょうか。

シンプルプランの条件:

・同一家族グループ内のシェアパックと組み合わせる必要があります。
・という訳で、シェアオプション(500円)が必須です。
・通信する場合はSPモード300円が別途必要です。
・端末購入サポートの適用可否が不明ですが、これは5/24までに明らかになるでしょう。
・流石に月々サポートは適用されるでしょう。
※2017/4/3に料金プランをより複雑にする原因だった「データSパック(小容量)」「シェアパック5(小容量)時の
機種によって月々サポート432円/月の減額処置が無くなりました。
よって、シンプルプランも恐らくは月々サポートが満額適用されるものと考えられます。
月々サポート | 料金・割引 | NTTドコモ

・タブレットやモバイルWi-FiルーターにシンプルプランのSIMを挿すと、
データプラン(ルーター)の月額基本使用料のとの差額である「指定外デバイス利用料」の220円が発生します。
よってデータプラン(ルーター)で運用している回線をシンプルプランに変更し、差額の220円を
節約することは出来ないそうな。

・SIMフリースマホにシンプルプランSIMを挿した場合も、指定外デバイス利用料が徴収されるかも。
参考:提供条件書「基本プラン」-
※表はありますが、発表されたシンプルプランを反映した内容ではないため、まだまだ未定。
ただ、場合によっては500円ほど取られるかも。

寝かせる場合の料金プラン:

これまで これから
カケホーダイライト 1700円 シンプルプラン 980円
シェアオプション 500円 シェアオプション 500円
合計 2200円 合計 1480円

という訳で、端末購入サポートの違約金回避目的など何か理由があって回線を維持したい、
けど音声通話もデータ通信も全く行わない寝かせ回線の維持費は、
シンプルプランを活用することにより1480円/月と、これまでのカケホーダイライト+シェアオプションの
2200円より、720円/月ほど安くなります。

もっとも、端末購入サポートの適用条件にシンプルプランが入るのかはまだ不明です。
ドコモ公式発表を待ちましょう。

ウルトラシェアパック30:

30GBで13500円というプランが新設されました。シェアパック15(標準)の15GB・12500円に
1000円上乗せするだけでウルトラシェアパック30GB・13500円が使えるというのが売りのようです。

また、「ずっとドコモ割」割引額も設定されており、ドコモ契約4年以上にて下記の通り割引されます。

プラン名 契約年数および毎月の割引額
割引前料金 4年以上 8年以上 10年以上 15年以上
ウルトラシェアパック100 25,000円 ▲1,000円 ▲1,200円 ▲1,800円 ▲2,500円
ウルトラシェアパック50 16,000円 ▲800円 ▲1,000円 ▲1,200円 ▲1,800円
ウルトラシェアパック30 13,500円 ▲600円 ▲800円 ▲1,000円 ▲1,200円
シェアパック15(標準) 12,500円 ▲600円 ▲800円 ▲1,000円 ▲1,200円
シェアパック10(小容量) 9,500円 ▲400円 ▲600円 ▲800円 ▲1,000円
シェアパック5(小容量) 6,500円 ▲100円 ▲200円 ▲600円 ▲800円

まぁこのブログの読者は趣味がMNPケータイ乞食という方も多いかと思いますので、
ドコモ4年間契約を行っている方は少ないかと思いますが、もし長期回線があるのであれば、
長期回線でシェアパックやウルトラシェアパックを組み、寝かせ回線をシェアオプションで共有し、
寝かせ技を図るというのもありかも。

月々サポート高めの回線を購入して端末即転売で余剰月々サポートを親回線に回して節約・・・出来ない。

毎月の寝かせ料金が1480円と減額になったのであれば、いわゆるルーター化技、
つまり月々サポートが高く、端末が高く売れるiPhoneなどの機種を購入して、端末は即時売却、
回線はルーター回線にして維持費を安く抑え、シェアオプションを付けて月々サポートの適用とし、
余った月々サポートを親回線に回してトータルの維持費を抑えるという技ですが、
あの祭りの再来になるかも、ということで計算してみました。


計算ベースはドコモiPhone7 32GB、一括82296円、月々サポート2781円。

シンプルプラン 980 端末代金(一括) 82296
シェアオプション 500 ヤフオク相場 -60000
合計(税抜) 1480
合計(税込) 1598
月々サポート -2781
実質負担(月) -1182
実質負担(24ヶ月) -28382 実質端末代 22296
2年実質負担 -6086

2年で-6086円。新規事務手数料3240円や手間代を考えるとさっぱり割に合わないですね。

これはやらないほうがいいかと。ただ、端末をより安く買うことが出来るのであれば、
やっても良い技かも。

これにはiPhoneなどの高額月々サポート機種が、端末購入サポート落ちする直前、
市中のケータイショップで一括値引きやキャッシュバックが増えるタイミングを狙う必要があり、
結構そこを狙うのが難しいかも。おちおちしてるとiPhone7Sが発表されて、
iPhone7は端末購入サポート対象となり、月々サポートが0、本体価格も暴落というのが
毎年繰り返されていますからね。

という訳で、ドコモの「安いプランを準備してやった感」はともかく、ユーザーに選択肢が増えるのは嬉しいところ。
秋頃にはシェアオプションの一人あたりの割当データ量を設定できたり、請求額を個別に設定できるようになり、
「離れて暮らす家族がゲームなどでシェアパックを消費しすぎるので、データ枠を制限したい&金をもう少し、
より利用する人が負担するようにしたい」などの柔軟な運用も可能となるそうな。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

ASUS Zenfone4が発表へ。Proは599ドル、4無印は399ドル、4 Selfie Proは379ドル、4 Selfieは279ドル。日本発売時期未定。

記事を読む

楽天カードで格安SIM・プロパイダ料金を払って4000円以上街で買い物をすると、300ポイントがもれなく貰える。~9/30。

記事を読む

日本通信のソフトバンクiPhone向け音声通話プラン「b-mobile S スマホ電話SIM」が1GB:2450円、3GB:3150円、5GB:3850円でサービス開始。8/16 10時~。

記事を読む

ひかりTVショッピングでOCN モバイル ONEのMVNO SIMに申し込むと、5000円キャッシュバック。~10/31。

記事を読む

auで毎月3が付く日は三太郎の日でミスタードーナツのドーナツ280円分、3個相当がもれなく貰える。純正⇒MVNO化で年10万節約可能。

記事を読む

ドコモ回線でSIMフリー端末で出来る/出来ないキャリアサービスまとめ。おサイフケータイ、nanaco、DCMXmini、Edy、ドコモWi-FI、ドコモメールリアルタイムプッシュ受信など。

記事を読む

no image

ドコモ 月々サポート一覧まとめ

記事を読む

LINEモバイルで2000円~5000円分ポイントバック&2ヶ月連続3GB付与キャンペーンを開催中。~8/31。

記事を読む

auでGalaxy S8、Galaxy S8+、AQUOS Rの購入で最大5000円分のキャッシュバック。「auピタットフラン」「auフラットプラン」を提供する本当の理由。~8/31。

記事を読む

格安MVNOの日本通信がソフトバンクiPhone向け音声通話プランを発売へ。料金は未発表。8/16 10時~。

記事を読む

Comment

  1. Mr.Rock より:

    シンプルプラン980円がでて、「おっ、ドコモ安くなったなぁ」と感心してましたが、言われてみればそうですね。
    以前は更にもっと安くあった「タイプXi にねんを200円増しでドヤ顔で復活」しただけの話ですね。しかもシェアオプション料金まで取って。危うく騙される所でした。
    ドコモの戦略たるや恐るべし。本当にやり口がソフトバンク化して来ましたね。昔のドコモはこんなんじゃなかったのに。いろんな抜け道を用意(見落と)してくれてたのに。

    これって通話の出来るデータプランなんだから、だったらデータプラン2200円も安くしろよと思うのですが、それはしないんですね。

    「シェアパック15(標準)の12500円に
    1000円上乗せするだけでウルトラシェアパック30GB・13500円が使える」ってのも客単価を上げる戦略ですよね。
    「ユーザーの求めているのはそんなのじゃないんだよ。」っていう声は届かないんでしょうねぇ。

    同じ30Gでも一人で使えば、8000円なのに、なんでシェアするとオプション料金まで取られて13500円もするんだよってみんな思ってると思いますが、データパックを安くするなんてしないでしょうし。

    ソフトバンク辺りが、30Gを今と同じ料金で家族でもシェア出来るようにしてくれないかぁ。そしたら慌てて他も仲良く追随するのに。

    • YutoriMan より:

      まぁドコモも営利企業ですからね・・・MNPしてそっと顧客を止めるしかないのです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP