僕がSIMフリースマホ「富士通ARROWS M02」を購入2ヶ月で投げ捨てた理由。やっぱりXperiaがNo1。

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


僕がSIMフリースマホ「富士通ARROWS M02」を購入2ヶ月で投げ捨てた理由。やっぱりXperiaがNo1。

公開日: :   携帯関連・料金プラン技


僕がSIMフリースマホ「富士通ARROWS M02」を購入2ヶ月で投げ捨てた理由。やっぱりXperiaがNo1。

※本ページはほぼ全域が富士通アローズM02への憎しみで構成されていますので、
関係者はごめんなさい。

管理人は2ヶ月ほど前にSIMフリースマホの「富士通ARROWS M02」を買いましたが、
とんでもないクソ機種だったのでご報告。なお、Xpeira Z5 Compact SO-02Hのキャリア版を
購入し直し、今は無事に運用できております。

そもそもなぜiPhoneじゃないのか。なぜAndroidじゃないと駄目なんですか:

理由は下記の通り。
・やはりおサイフケータイがネイティブで使いたいので。iPhone7以降はなんちゃっておサイフケータイの
Apple Payが使えますが、端末が限られる(=端末が高い)のと、Apple Pay未対応サービスが
まだまだ多いので、様子見ですね。

なぜおサイフケータイが必要なのか:

なぜおサイフケータイが必要なのか問われると、モバイルSuicaがあまりにも便利だからです。
モバイルSuicaでは新幹線をオトクな値段(2-3割引き、JR東日本管轄新幹線のみ、本数限定)で
購入できる、Suicaの使用履歴を端末上で確認できる、自分の好きなクレジットカードで
チャージできるという利点があります。

・iOSのホームボタン1個というのが物足りない。
やはり、Androidの戻るボタン、ホームボタン、メニューボタン、アプリ切り替えボタンが
常に4つほど表示されているというのは、操作上かなり便利だからです。

iPhoneなどのiOSは左上に戻るボタンが表示される場合も多いかと思いますが、
Androidは常に左下に戻るボタンが存在しています。

この「操作できるボタンが常にある」という圧倒的GUI上の安心感は変えがたいものがあります。

・Androidはいろいろ機種があり、自分で選べる。
中華製のローエンドモデルから、ASUSみたいに結構頑張っているモデル、XperiaやGalaxyの
ハイエンドモデルなど、自分の要求仕様とお財布事情に合わせて機種を選ぶことが出来、
ソフトウェア資産を引き継げるというは、Androidのメリットの一つでしょう。

iPhoneのように、アホみたいに高いモデルを買わざる得ない、ということはありません。

そもそもなぜ富士通ARROWS M02なんてクソ機種を買ったのか:

主にこんな感じの思考過程で買いました。
関連記事:ひかりTVショッピングでarrowsM02が実質12805円。おサイフケータイ&防水で最安値。ZenFone Maxも実質17272円。~9/15 12時。

富士通製arrowsM02がおすすめできる人&使い方はこれ:

手持ちの端末がそろそろ死にそう&iPhone7が気になるけど高い&おサイフケータイは絶対に譲れない、
そんな人はarrowsM02を買いましょう。

iPhoneとかXperiaのフラッグシップモデルですと、
しっかりとケースで保護して、丁寧に宝石のように扱いたくなる気もしますが、
富士通のarrowsなんて実用バリバリ、画面なんて傷ついてなんぼ、防水でなんぼ、
2年後の中古白ロム価格なんてあってないようなものなので、リセール時の価格を気にせず、
とにかく使い込んで傷つけて、2年でさようならが出来る機種です。

スマホなんてLINEとブラウザと地図とGmailとおサイフケータイが動けばええんじゃ!
その他はテザリングさえ動けばiPadやらのタブレットで処理するんじゃ!
実用バリバリでSuicaで改札通過、コンビニ支払いも読み取りリーダーに叩きつけてやるんじゃ!

そういう使い方をしてみたい人はどうぞ。管理人、まさにそれなので、買おうか悩み中です。

当初はそう思っていたのですけどね・・・

富士通ARROWS M02のだめなところ:

①文字入力がレスポンスがもっさりクソケータイ

管理人が体験したベストオブクソケータイとしては、シャープのSH904(2008年 6月20日発売)で、
操作者の文字入力スピードに画面表示が全く追いつかないというとんでもない産業廃棄物携帯でした。

https://www.nttdocomo.co.jp/support/utilization/product/sh904i/

初代Xperia(WindowsMobileというWindowsCEの流れを汲む壮絶なゴミ)も当時のソニー・エリクソン製を
英国eXpansysから個人輸入したことがあります。そもそも日本語入力出来ない
(ATOKを自分でインストールすればかろうじてバグまみれながらも入力可能)という機種でしたので、
今回は比較対象外です。アレも大概でしたね。。。1日2回は日本語入力できなくなり、
再起動が必要という代物でした。

アローズM02も、SH904ほどとは言わないまでも、なかなか文字入力がもさもさしているのが
特徴でした。このもさもさ具合を言葉で言い表すのはなかなか難しいのですが、
ロック解除画面でもっさり⇒LINE起動でもっさり⇒トーク表示で数秒⇒文字入力開始でもっさり
⇒変換候補(ATOKの血が本当に流れているのか微妙なクソ)の表示にもっさりという具合です。

また、管理人はワードプレスの管理画面でHTMLタグを直接弄って更新する場合があるのですが、
デリートキーを押しても、う、うぅぅ・・・という感じ(言語化するのが非常に難しい)で、
文字が一定のスピードで消せません。1文字1文字でひっかかり、たまに2-3文字同時に消えるので、
文字削除のコントロールが非常に難しいのが特徴でした。

別途入手したiPhone5SやXpeira Z5 Compact SO-02Hはそんなことはなく、削除キーを押せば押すだけで、
すすすっと1文字ずつ消えていくので、まぁそれが普通なのですが、目的の文字だけを削除するという、
至極当たり前の機能を実現することが出来ました。

②Webレンダリングが遅すぎる

後日アローズM02とXpeira Z5 Compact SO-02Hの比較動画をアップロードしたいところですが、
ユニクロなどの画像多めのページを表示させる時、またWordPressの管理画面をローディングする時、
M02の方が遅いです。

表示スピードが1-2秒は異なります。この1-2秒が体感的にだいぶもっさりとした印象を与えます。

また、アローズM02はリンクなどを踏んだ際に、一度真っ白のページを表示してから、
えっちらおっちらとページをローディングしていくようですが、Xpeira Z5 Compact SO-02Hは、
とりあえず読み込んだHTMLパーツを表示している感じで、ここが体感的な差となって現れます。
どちらもGoogleChromeを利用しているので、ブラウザの差は無いのに、結構な差となります。

なお、Xpeira Z5 Compact SO-02HのWork 2.0 Performanceのベンチマークスコアは4200(82番)
そこそこのスコアですが、ARROWS M02は2408で509番。
関連記事:Androidスマホ・タブレットのPCMark Work2.0ベンチマークスコアランキング一覧まとめ。Xperia、Zenfone、Galaxy、Huawei、Arrows、AQUOSなど。

ベンチマークなんて、ベンチ厨が騒いでるだけだろ?積んでいる石(CPU)でわーわー騒いでもなぁ、
と思っていましたが、たしかにベンチの数字が高い機種は、それだけ快適です。

ちなみに、管理人はスマホで3Dゲームなんぞ全くしませんが、M02⇒Z5の機種変更で、
文字入力とWebブラウジングだけで、圧倒的な体感性能の向上を感じることが出来ました。

③おサイフケータイ・FeliCaの感度が悪すぎる(モバイルSuica以外)

おサイフケータイを目当てにAndroidを使っているのに、おサイフケータイの感度が悪いという、
致命的な弱点をM02は抱えているようです。

これは体感的なものですが、QuicPay、nanaco(公式には対応していないものの、.apk移植技で対応)、
Edyなどを使っていましたが、どうも店のリーダーの感度が悪いのか、M02の感度が悪いのか、
読み込みに失敗⇒2度かざすと読み込んでくれるという事態が多発していました。

モバイルSuicaはしっかりチューニングされているのか、改札でエラーが頻発することはなかったのですが、
特にQuicPayはエラーが出まくっていましたね。また、QuicPayはM02時代はまいばすけっとにて認証時間が
5秒程度かかっていましたが、Xpeira Z5 Compactに変えてからは一瞬で認証が終わり、
決済出来るようになりました。

M02⇒Z5に機種変後、概ねエラーがなくなったので、おそらくM02の感度が悪かったのか、
M02のソフトウェアのチューニングがうまく行っていなかったのでしょう。
機種変して正解でした。

④カメラ画質がひどすぎ

アローズM02のカメラ画質がボケボケスッカスカ問題は、下記記事を参照してください。
関連記事:デジカメの画質はどのように進化したのか。8年前のデジカメ、今のコンデジ、新旧スマホで比較してみた。

静止画もそうですが、動画も目に見えて分かる酷さです。

⑤セルスタンバイ問題ひどすぎ

アローズM02は電池持ちだけはそこそこで、スペック上の連続待受時間(LTE)は約540時間です。
確かにバッテリーは比較的よく持ちました。発熱もあまりひどくありませんでした。
むしろ発熱は悪名高きSnapdragon810を搭載したXpeira Z5 Compactの方がひどいでしょう。
Z5・スナドラ810も通常使用ではそこまで熱くはならないですけどね。

ただ、M02から通話SIMを抜き取って、データSIMを入れた時に気が付きましたが、
電池持ちが圧倒的に悪くなります。100%充電しても、正確に計測したわけではありませんが、
何も通信していないのに電源を入れているだけで、24時間以内に電池が無くなり、
電源が落ちています。最初は原因が分かりませんでしたが、SIMを入れ替えたことが原因でした。

Z5に音声SIMを差し、M02にNifmoのデータSIMを差し、M02でタブレットなどのテザリングや
データ量が多い通信を捌こうと思っていましたが、ここまでセルスタンバイ問題がひどいと、
まともに運用も難しいですね。

⑥ACアダプタがリコール

2A供給でき、付属のケーブルもそこそこ大電流が流せるということで、
くそったれなM02本体に比べ、比較的満足していたACアダプタ(FMV-AC346・5V/2A)ですが、
感電の恐れがありリコールとのこと。
スマートフォン・タブレット用ACアダプタの予防交換(無償)について – 富士通

何なんですかね・・・この会社。

という訳で、概ねひどめのM02に愛想が尽きて、Xpeira Z5 Compact SO-02Hに変えました。
Xpeira Z5 Compact SO-02Hはヤフーショッピングやヤフオクで状態のいい中古品が
4-5万円で売られています。

最新モデルのXperia X Compact SO-02Jはフォルムがダサくなり、
かつ値段が7-8万円と高くなる割に、Work 2.0 Performanceが4725とZ5 Compact(4400)の
1割増し程度なので、管理人は安い方でいいや、ということでZ5 Compactにしました。

ただ、この安い方でいいや、の思考過程を経てM02を買ったのが大いなる時間とコストの
無駄だったわけで、やっぱり安物買いの銭失いってあるんやね、と反省しました。

やっぱり、日常的に使うものをケチってもろくな事がありませんでした。

という訳で、「スマホなんてLINEとブラウザと地図とGmailとおサイフケータイが動けばええんや」
「ゲームなんて別にしない」という人も、毎日使うスマホはそこそこのスペックを選び、
そこそこお金を払ったほうがいいかも。

ヤフオクでXpeira Z5 Compact SO-02Hを探す。

ヤフーショッピングで「Xpeira Z5 Compact SO-02H」を探す。


ドコモ公式でXperia Z5 Compact SO-02Hの価格を確認する。

ただ1点注意してほしいのが、海外SIMシムフリー版 Sony XPERIA Z5 Compact E5823には
おサイフケータイが付いていないということです。おサイフケータイが必要な人は、
国内キャリア版のドコモ製品を買いましょう。

ヤフオクでドコモ版SO-02Hを購入した管理人は、おサイフケータイを問題なく使用できています。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

テルル運営のピーアップがAndroid搭載の折りたたみ型SIMフリースマートフォン「Mode1 RETRO」を9/25に新発売。

記事を読む

MVNOのmineoで音声通話SIMが月410円で維持できる「大・大盤振る舞い」キャンペーンを開始。12ヶ月900円引き、音声も違約金なし、アマゾンギフト券も貰える。~11/9。

記事を読む

DMMモバイルを申し込んでみた&RBB SPEED TEST ベンチマーク結果

記事を読む

no image

ドコモ、au、ソフトバンクのiPhone8/8Plusの端末価格、一括、実質、月々サポートなどの毎月割引まとめ。

記事を読む

iPhone 8/8 Plus/iPhone Xの価格、予約、発売日まとめ。iPhone7/7Plus/SEも最大11000円値下げ、Apple Watch 3はドコモ500円~。

記事を読む

格安MVNOのDMMモバイルで新規事務手数料無料キャンペーン。業界最安値でそこそこ速くバースト通信可能。

記事を読む

ASUS JapanがZenFone4の発売日を明らかに。56,800円(定価399ドル、レート142円/ドル)でおま国価格。9/23~。

記事を読む

DMMモバイルに申し込んでみた。テザリングでもバースト通信出来ると良いな。LINE Payカードで申し込みは可能。

記事を読む

auの契約で三太郎カレンダーがもれなくもらえる&WALLET ポイント5,000円分が抽選で10万名に当たる。~10/9。

記事を読む

楽天モバイルで2回線目を申し込むと、事務手数料&3ヶ月間無料で最大1.8万円がお得となるセールを実施中。

記事を読む

Comment

  1. みらくる より:

    お得情報を探すのに、こちらの
    ページをよく拝見しております。

    M02、本当に酷いですよね。
    表現しにくい、あのもっさり感、
    よーく分かります。
    サブスマホとして使ってますが、
    本当に2万円のゴミですね…。

  2. モトローラー より:

    良いスマホはMotorolaなんだよなぁ

  3. 狂ってる より:

    エントリークラスのスマホにもっさりとか当たり前の話
    逆にこれがサクサク動くんだったら誰もハイエンド機なんか買わねーよアホ

  4. 王(ワン) より:

    今回の記事、非常に参考になりました。
    以前の節約速報さんの記事を読み、ひかりTVショッピングでM02を買おうかと悩んでいたのですが、ポイント還元で実質12805円になる訳で、もらったは後のポイントの使い道が考えられなかったため、その時の購入は断念しました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP