【最安値更新】アマゾンでDSDS対応のVAIO Phone A Android搭載SIMフリースマートフォン VPA0511Sが売れに売れてる。

logo

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


【最安値更新】アマゾンでDSDS対応のVAIO Phone A Android搭載SIMフリースマートフォン VPA0511Sが売れに売れてる。

公開日: :   携帯一括情報

アマゾンででDSDS対応のVAIO Phone A Android搭載SIMフリースマートフォン VPA0511Sが売れに売れてる。

※右側が2.6万⇒19,224円(OCNモバイルONEセット)でセール中。SIM契約は任意。

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)のVAIOPhoneAですが、アマゾンのSIMフリースマホランキングにて
概ね上位をさまよっているのでご紹介。なお、No1~5位ぐらいまでHuaweiやらASUSやらの
中華民族に制圧されていますが、あまり気にしないようにしましょう。

なお、VAIOフォンには前科がありまして、2015/3/20には初代VAIOPhoneが発表されましたが、
第一世代のVAIO Phoneは日本通信にVAIOブランドを貸したところ、
台湾企業(Quanta Computer)のOEMで中身はパナソニックのELUGA U2と同じ、
ゴミみたいなスマートフォン(3万円)にVAIOロゴ代で2万円を乗っけて、合計5万円と
記者会見でドヤ顔で化粧箱だけ発表したのはいい思い出ですね。もうアホかと。

あれから早あ2年。なんと月日の流れは早いことでしょう。

さて、新しいVAIO Phone A VPA0511Sは多少心を入れ替えたのか、PCのVAIOと同じく、
「安曇野FINISH」による高品質を確保したのだそうな。


まぁ品質保証を安曇野でやるという話でしょうけど、その管理体制と出来栄えは如何に。

VAIO Phone A VPA0511Sスペック:

OS Android 6.0.1
プロセッサー Qualcomm? Snapdragon? 617 オクタコア
1.5 GHz (クアッドコア) + 1.2 GHz (クアッドコア)
メモリー 内蔵 (ROM) 16 GB
内蔵 (RAM) 3 GB
外部メモリ最大対応容量 64 GB (microSD)
液晶表示装置 画面サイズ 5.5 inch
解像度 1080 x 1920
無線WAN 3G WCDMA対応 (バンド 1,5,6,8,11,19)
4G/LTE LTE対応 (バンド 1,3,8,19,21)
LTE-Advanced受信 225 Mbps
LTE受信 150 Mbps
3G受信 42.2 Mbps
無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠
Bluetooth Bluetooth? 4.2 準拠
テザリング Wi-Fi 対応
Bluetooth 対応
USB 対応
主な入出力 SIMスロット microSIM×1、nanoSIM×1(デュアルスタンバイ対応)
microUSB USB 2.0 x 1
ヘッドセット接続端子 ステレオミニ端子 x 1 (ヘッドセット対応)
SDカードスロット *4 microSD x 1(nanoSIMと同時使用不可)
スピーカー 内蔵モノラルスピーカー
その他 赤外線通信
NFC/FeliCa
防水・防塵
GPS 搭載
急速充電
地磁気センサー 搭載
ジャイロセンサー 搭載
加速度センサー 搭載
カメラ (フロント) カメラ仕様 CMOS センサー
有効画素数 約500万画素
カメラ (リア) カメラ仕様 CMOS センサー
有効画素数 約1300万画素
主な付属品 ACアダプター 付属
充電ケーブル 付属
電池容量 2800 mAh
連続通話時間6 3G 約11H
連続待受時間 約500H
外形寸法 約 幅77.0 mm x 高さ156.1 mm x 奥行8.3 mm
本体質量 約167 g

ってかおサイフケータイ未対応かよ・・・ひどいなぁ。
おサイフケータイとか、HuaweiやASUSなどが切り捨てるところを日本勢が拾うところに意味があるのに、
その辺のガラパゴス規格に対応してもらえないと、正直VAIOPhoneの強みがうすかと。

また、microUSBポート搭載なのは評価が分かれるところ。
時代の最先端を行くのであれば、USB-Cだろうなぁ。
管理人はmicroUSBでも良いけど。まだまだmicroUSBが多い中、手持ちのデバイスが1個だけ
USB-Cだと、ケーブルやらバッテリーポートやらでめんどくさいので、できれば統一したいところ。

DSDSがmicroSIMとnanoSIMの2つってのも微妙だし、microSDはnanoSIMと同士使用不可。
ということはAndroidでmicroSDなしは考えづらいので、実質的に使うのはmicroSIMのみか・・・

今更microSIMかよ感はありますね。1円のSIMアダプタで対応するしか無いかも。

ちなみにベンチマークソフトの「FutureMark、PCMark for Android、Work 2.0 Performance」の
スコアはまだ明らかになっていませんが、Qualcomm Snapdragon 617 オクタコアと
メモリ3GBということを考慮して3500-3700ぐらいでしょうか。

Motorola Moto G4 Plusや ZTE Axon 7 mini、ZTE Trek 2 HD、ZTE Zmax Proあたりがライバルかと。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

【増額】【いきなりiPhone8】おとくケータイ.netでソフトバンクiPhone8/8Plusがキャッシュバック20000円、本体定価。~9/24。

記事を読む

アマゾンタイムセールでMotorola(モトローラ) SIMフリースマートフォン Moto X Playが2万⇒14617円。

記事を読む

ヤマダウェブコムでHuawei NOVAが価格コム最安値から5000円安い35471円⇒28944円。

記事を読む

ヤマダウェブコムでfreetel SIMフリースマートフォン 「FREETEL REI 麗」 FTJ161B-REI-CG  32Gが12744円でセール中。価格コムで2万円。

記事を読む

アマゾンでNTTコムストアのSIMフリースマホが大規模投げ売りセール。Huawei nova、novalite、P10、ZenFone Live、VAIOPhoneA、Aterm MR05LN。

記事を読む

no image

【15984】どこもかしこも品切れ中のコスパ最高のミドルレンジSIMフリースマホ、HUAWEI nova liteはアマゾンで唯一売っている。21384円⇒15984円。

記事を読む

【悲報】富士通arrows Be F-05Jがdocomo with適用目的で大量にヤフオクで出品中。

記事を読む

ヤマダウェブコムで5インチSIMフリースマホのシャープ SH-M04 Android6.0がセール予定?0時~。

記事を読む

楽天モバイルで「HUAWEI P10 lite」が2年縛りで18980円、3年縛りで8980円。

記事を読む

NTT-Xストアでマウスコンピューター 5インチSimフリーWindowsPhone MADOSMA Q501A-WHが7980円。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP